クレジットカード現金化で楽天カードは使える?

「クレジットカードは楽天カードしか持っていないけれど、現金化できるの?」という疑問を持っている人もいるでしょう。
もちろん、楽天カードは現金化することが可能です。
ただし、楽天カードを現金化する時にはいくつか注意点もあるので確認しておきましょう。

本人名義の楽天カードでなければ現金化はできない

楽天カードはクレジットカード現金化業者を利用して現金化することができます。
ただ、現金化することができるのは申込者本人の名義の楽天カードです。
もし家族が持っている楽天カードを借りて現金化しようとしていたり、普段から配偶者名義の楽天カードで支払いをしているからと利用しようとしたりしても、残念ながら取引をしてもらうことはできません。
仮に本人になりすまして自分の名義ではない楽天カードを現金化しようとしても、クレジットカード現金化業者では不正利用を防ぐために初回利用時には必ず身分証明書による本人確認が行われるので、簡単にバレてしまいます。
それどころか悪質とみなされた場合には今後その現金化業者を利用することができなくなったり、最悪の場合には警察に通報されてしまうリスクもあります。
楽天カードを現金化する場合には、必ず自分名義のカードを使うようにしてください。

ショッピング枠の範囲内でしか現金化できない

クレジットカード現金化業者では、よく100万円以上の高額の利用時の換金率が表示されているため、そのくらいの金額で現金化が可能なのでは?と勘違いしてしまう人もいるでしょう。
しかし、クレジットカード現金化はショッピング枠を現金化する仕組みなので、ショッピング枠が100万円以上ある人ならもちろん可能ですが、ショッピング枠がそれより低い場合、その範囲内でしか現金化することができません。
つまり、たとえば楽天カードを現金化する場合、ショッピング枠が50万円までに設定されているなら、最大でも50万円までしか現金化することができません。
さらに、普段のショッピングなどで楽天カードを支払いに使用している場合はさらにショッピング枠の利用可能残高が少なくなるので注意が必要です。
たとえば、楽天カードのショッピング枠が50万円で、まだ支払っていないショッピング請求額が10万円ある場合は、40万円までしか現金化することができません。
既に50万円まで使い切ってしまっている場合は、残念ながら全く現金化することができないので、楽天カード以外のショッピング枠が残っているクレジットカードを使用する必要があります。
ショッピング枠はカード発行時に年収などを考慮して設定されていて、現在利用可能な金額については楽天E-Naviから確認するか、カード会社のコールセンターに問い合わせることで確認することができます。
ショッピング枠の残高がはっきりわからない場合は、クレジットカード現金化業者に申し込みをする前に確認しておきましょう。

まとめ

楽天カードはクレジットカード現金化業者で問題なく利用できるカードですが、必ず本人名義のカードであること、ショッピング枠の利用可能額の範囲内で利用することに気をつける必要があります。
もし楽天カードを現金化したいと考えているなら、この記事で読んだ注意点を参考にしてください。